脱原発政治連盟規約

脱原発政治連盟規約

平成25年3月11日制定
平成25年5月8日改正

第1章 総  則 

第1条(名称・所在地・支部)

本会は、脱原発政治連盟(通称=緑茶会)と称し、主たる事務所を東京都内に置く。従たる事務所を衆議院の比例ブロック単位に置く。都道府県単位の支部を置くことができるものとし、都道府県支部が独自に政治団体として登録することを妨げない。

第2条(目的)

本会は、脱原発を具体化するあらゆる方途の調査研究、立法の支援、その周知を図るとともに、脱原発を基本政策とする政党ならびに政治家を支援し、脱原発をわが国の基本政策とすることを目的とする。

第3条(事業)

本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1 講演会、座談会、セミナー、パーティー等の開催
2 新聞、会報等の発刊及び配布
3 政党、行政機関、関係諸団体との連携、調査研究
4 政治資金規正法に基づく政治活動
5 その他本会の目的達成のため必要な事業

第2章 会  員

第4条(会員)
本会は、第2条の目的に賛同し、入会申込書を提出した者をもって会員とする。

第5条(賛助会員)
本会の目的に賛同した法人、団体の代表者もしくは代表者が指定した個人で、入会申込書を提出した者をもって賛助会員とする。

第6条(入会金及び会費)
会員は、入会金および会費を納入しなければならない。また、その額は運営委員会で定める。

第7条(会員の権利と義務)
会員は、総会における各1個の表決権および役員となる権利を有するとともに、会則を遵守するなど本連盟の運営に積極的に協力する義務を負う。

第8条(退会)
会員は、退会届を提出した時、もしくは会費の納入義務を果たさない状態が1年継続した時点をもって退会とする。

第3章 役員および執行機関

第9条(役員)
本会に次の役員をおく。ただし、政治資金規正法上の代表者とならない共同代表を置くことを妨げない。

代 表      1名
運営委員    若干名
事務局長     1名
会計責任者    1名
事務責任者    1名
監 事      1名

第10条(役員の選出及び任期)
1 役員は総会において選出する。
2 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第4章 会  議

第11条(会議)
1 代表は、毎年1回の通常総会その他必要に応じ臨時総会を招集する。
2 代表は、必要に応じ運営委員会を招集する。会議の運営方法は、運営委員会において定める。

第12条(議事録の作成)
会議の議事録については、次の事項を記載した議事録を作成し、保存しなければならない。会員は、希望すればいつでも議事録を閲覧できるものとする。
(1) 会議の日時および場所
(2) 会議の構成員の現在数
(3) 会議に出席した構成員の数
(4) 議決事項
(5) 議事の経過の概要およびその結果
(6) 議事録署名人の選任に関する事項

第5章 会計および事業年度

第13条(経費)
本会の経費は、会費、セミナー等の事業収入、寄付金その他の収入をもって充当する。

第14条(会計年度及び会計監査)
1 本会の会計年度は、毎年1月1日より12月31日までとする。
2 会計責任者は、本会の経理につき年1回監事による監査をうけ、その監査意見書を付して総会に報告する。

第15条(規約の改廃)
本規約の改廃は、総会において決定する。

附 則
本規約は、平成25年5月8日より実施する。

広告

事務局 について

事務局
カテゴリー: 未分類 パーマリンク